5年生 算数 図形の合同

5年生の算数で、「図形の合同」の勉強法について考えていきたいと思います。
この学習は、図形の合同というものを知り、実際に図形をかく勉強です。
いくつかのポイントを覚えて、図形がかけるようになるとOKです。
少しでも図形の描き方が分かるようになるといいなと思います。


親子で学べる!教科書に沿っていてテストで高得点を狙える!【月刊ポピー】。まずは無料おためし見本から!




図形の合同って?

まず、図形の合同って何でしょうか?
図形の合同とは、二つの図形が、ぴったりと重なることをいいます。ひっくり返した場合もです。形も大きさも同じということです。

形も大きさも同じということから、いくつか覚えることがあります。
まずは「合同」という言葉です。ぴったりと重なる状態だということを覚えましょう。

goudou0010101.JPG

次は角(かく)です。合同な図形の場合、同じところに重なる角は、大きさが同じになります。これを「対応する角の大きさは等しい」といいます。

辺も角と同じです。同じところに重なる辺の長さは同じになります。これを「対応する辺の長さは等しい」といいます。

「対応する」という言い方をしますので。この言い方も覚えておきましょう。

この他に、頂点という言葉も出てきます。これは三角形では、三つのとがった先っぽのところです。言葉は覚えておきましょう。


目次にもどる


合同かどうか調べる方法

二つの図形が、合同かどうかを調べるときには、先ほど覚えた角と辺を比べます。
下の図形を見てください。
平行四辺形といいます。
二つに分かれるような線を対角線といいます。

goudou0020101.JPG

この対角線を引くと、平行四辺形は二つの三角形に分かれるのですが、この二つの三角形は、どんなときでも合同になります。

goudou0030101.JPG

それは、辺の長さを調べると、同じになるからです。
また、角の大きさを比べても同じだからです。
辺の長さは定規で、角の大きさは分度器で測ってみましょう。
ご自分で、平行四辺形を適当にかいて、測ってみてください。
きっと同じ長さ、同じ大きさになるはずです。



目次にもどる

合同な三角形や平行四辺形のかき方

合同な三角形のかき方は、3つのかき方があります。これは、3つとも覚えて、かけるようになりましょう。

【かき方①】
一つの辺の長さと、その両端の角の大きさをそろえる。
goudou0040101.JPG

goudou0090101.JPG


【かき方②】
二つの辺の長さと、その間の角の大きさをそろえる。

goudou0050101.JPG

goudou0060101.JPG



【かき方③】
三つの辺の長さをそろえる。

goudou0070101.JPG


goudou0080101.JPG



ご一読いただき、ありがとうございました。

目次にもどる



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック